農業や太陽光発電関連ビジネスはどう?

農業や太陽光発電関連ビジネスはどう?

農業従事者自体の人口は今年も減っているそうですが・・・新規の就農者はふえたそうです。

今社会が大きく変化していて、サラリーマンに不安を覚える人や、正社員になかなかなれないという社会情勢から農業に期待する人も増えているようです。

ただこのところ家庭菜園ブーム になっていますが、本業として、個人で農業収益を上げて生活していくのはそんなに簡単な事ではないので、しっかりとした計画の実状を知ることは大切です。

ただ、独立などを考える場合も、新しい仕事やビジネスに目を向ける事が重要だと思います。

エコビジネス

エコ関連のビジネス例えば、電気自動車や太陽光発電に関する商品やサービスなど、新しい産業に関わる方が将来性も高いと言われました。

 

しかし、それでももう飽和状態で、太陽光は伸びそうにもありませんし、国の政策としても、電力買取がほぼ終わっています。

 

それだったら、まだ農業の可能性があるのかなと思う方もいると思いますが・・・

 

これから注目の分野ではありますが・・・そのものだけでなく、農機具などの周辺、関連商品などの仕事やビジネスに注目したほうが、素人にはいいかもしれません。

 

人が注目するそのものではなく、まだ誰も目をつけていない、その周辺の新しい分野へ目を向ける事で、いろいろなビジネスの成功事例が見えてくるかもしれません。

農業での独立を考えている人

就農者の人口が減っているようですが、それでも、農業大学を志望する人が増えていたりします。

最近のいろいろなできごとから、就職しても不安定、リストラだったり、賃金が伸びなかったり・・・

一度正社員でなくなると再就職できず派遣などで不安定で低賃金ということになります。

それを考えたならば手に職をつけたほうがいいという人は当然増えます。

その一つり選択肢として農業関係の仕事に就くことを考える若者がでてきているのでしょう。

農業法人もできるようになりましたし、社員として働くこともできるようになってきています。

 

家庭菜園をする人も増えていて、自分で食べるものを作るということを考える人が増えいいるのも影響しているでしょう。

就農する45歳未満の人に、最長7年間150万円を毎年支給するという制度もできて追い風となっていると思います。

農業で独立開業を希望する人が集まって、農業法人を作る場合も、この150万円は頭数支給されるそうですから、今は農業での独立開業のチャンスが来ているといえるでしょう。

自営、つまり個人事業開業でもできるというのも魅力でしょう。職場環境になれず、新卒で就職しても9万人が離職しているという現実もありますから、人間関係に縛られにくい農業は今の若者たちに魅力化もしりません。

page top