資格とビジネスと独立と

資格とビジネスと独立と

日本企業の低迷で、大手企業でもリストラなどで職を失う人がでています。

特に大手の企業で電機メーカーなどでは大変な事態になっています。

パナソニックやNECなど名だたる企業が円高や人件費で競争力をなくし、すごい赤字になりました。

赤字になると最近の日本企業はまずリストラです。

 

シャープや日産など中国や欧米の外国企業に牛耳られるようになってしまった企業もでてきています。

 

まあそれが企業の再生に一番手っ取り早く、欧米の手法として定着し今はどの企業もそうなっていますから仕方がないことです。

資格で生き残る

日本企業だけ、昔ながらの体制では競争できないのでしかしがないところです。

国の政策で、再就職支援として、基礎訓練でパソコンスキルなどの講座費用を補助しています。

ただとてもそんな基礎的なスキルや資格取得ではIT資格通用しませんから、あまり再就職には結びつかないでしょう。

今はもっと高度なIT資格が必要です。

それがあれは下請けで自宅開業もできるでしょうし、就職にも役立つことでしょう。

定年退職後の収入を得る方法にもなるでしょうし独立開業にも心強いスキルとなります。

独立開業資格を考えるのだっら、まずIT資格人気ランキングなどをみて、そこから選んでみてはどうかと思います。

資格がなくてもFC加盟でノウハウは手に入るが

資格がなくても経営ノウハウが手に入り、独立してビジネスができるFC加盟でのビジネスはどんなものでしょうか・・・

震災後の落ちこみでもコンビニはつよし

震災で落ち込みというよりも、すでに小売り携帯として終演を迎えていそうな、百貨店、そして、ゆっけの問題で、客足が引いた、焼肉店を中心とする飲食業。

 

自粛や気分的なもの、節電などもあって、売り上げが落ち込んでいる小売り業のなかでも、コンビニは売り上げの落ち込みはほとんどなく、

そして回復してきている今は、さらにのびているというのですから、コンビニの強さは本物です。

 

しかし、だからと言って、コンビニオーナーが決して楽なわけでもないですし、そんなに儲かるわけでもありません。

 

ノウハウをもらえる分、もうけは少なく、仕事も大変で、オーナーとしての喜びも少ないのが現状です。

page top