こつこつと資金を作る方法

こつこつと資金を作る方法

ビジネスを始めるための開業資金づくりは、こつこつと始めた方がいいでしょう。


融資で資金調達はできますが、やはり独立後の事を考えると、事業ローンを返済しながらというのは結構きついものだと思います。


大口ローンが必要なほど開業資金がいるビジネスを初めから個人で独立開業する人はそうはいないでしょうし・・・・

こつこつと自己資金をためて独立開業した方が、開業後の事業の継続は楽だと思います。


自己資金を給与だけではためられない場合、内職や在宅ワークなどで副収入をえながら貯めるといいでしょう。


ネット系の在宅ワークならば、スキルがなくてもできるデータ入力なとがありますが、スキルが有ればWEB作成やデータベース、CGIなどのプログラムが組めれば結構いい報酬があるのではないかと思います。


PCのスキルがあまりないのならば、自身で、オークションで稼ぐとかネットで稼ぐ方法もあると思います。


休日を利用して、引っ越しや、ポスティングなどのバイトで稼ぐという方法もあるでしょう


自宅にいられる時間でこつこつと資金づくりをしていくるがいいでしょう。

ビジネスローンを使う

創業資金はできるだけ自己資金で賄うことが理想です。

 

それでも足りない場合は、日本政策金融公庫の金利が低く、返済猶予期間がある資金を借りるべきです。

 

最初から返済を継無ければならない状態でビジネスを始めるのはリスクが高すぎるからです。

 

ただし、運転資金が突然足りなくなることもあるかもしれません。

 

そういう場合に備える場合は、2年ぐらい事業を継続していれば、ビジネスローンを借りることもできるので、もしもに備えて契約しておくといいでしょう。

 

事前にそういった資金調達方法を作っておかない場合、銀行はもちろん民間のビジネスローン即日融資もそうは簡単には行きません。

 

おそらくノンバンクのビジネスローンでも最短で即日審査、翌日融資ぐらいだと思います。

 

それで間に合えばいいですが、間に合わないこともありますので、あらかじめいつでも引き出せるようなカードタイプのビジネスローンを契約しておく方が安心です。

ビジネスローンで資金調達できない場合

100万円以上の売掛金があれば、それを担保のようにして、融資をしてもらえる、ファクタリングという方法があります。

 

売掛金担保融資と似ていますがちょっとことなり、もっと簡単に素早く融資してくれるファクタリング業者があります。

 

ファクタリングの場合は「売掛金を買い取ってもらう」というもので、どちらかというとさいけんじょぅとのようなものですが、

 

相手先に通知することも、請求することも無く、入金されたら支払うだけでいいのです。

 

自社に信用がなくても相手先にあれば、融資してもらえる可能性が高いのです。

 

少し手数料は高くなりますが、ビジネスローンが通らない時には助かると思います。

page top