お金を借りるのが簡単な時代

お金を借りるのが簡単な時代

最近はとても簡単にお金を借りられすぎすぎると思うのは私だけだろうか・・・

 

借金というと、かなり暗いイメージだが、キャッシングとかリボ払いとか、分割とか、クレジット払いだとかというと、なんだか平気に聞こえてしまうから不思議だ。
お金を借りるに、金融会社の窓口に行くのが普通だったが、今や、無人貸出機はあるし、インターネットで申し込むだけで、借りられるネットキャッシングもあって、実に簡単にお金を借りられてしまう。

 

一定期間は、無利息というものまで登場している。

業者にもよるが、日間無利息だとか、業者によっては、なんども30日無利息なんてところもある。

 

確かにうまく利用すれば、ずっと無利息でお金を借りられるが、そもそもお金を借りると言うことは、足りない分けだから返せないことの方が多いだろう

 

結局は高い金利を払い自分が損をするだけなのだが・・・

 

あまりに簡単にお金を借りられる世の中になってしまうと、ついついがやがてくせになり、いつのまにか多重債務者になることに・・・。

 

「借金」という言葉をつかわなくなったキャッシング世代の若者の生活設計に不安を感じてしまうのは私だけ?だろうか・・・。

 

どうしても給与だけで足りないのならば、バイトでもして、稼ぐ事を考えるべきであろう。

 

しかし、必要悪というものは必ず存在する。

 

本当に給料日前で現金がどうしても足りないという場合だ。

 

友人などにかりるよりはるかに気が楽だし、友人な関係も損なわないだろう。

 

必要だから、存在し、それにょって助かっている人もたくさんいることを考えると、その存在を暗に否定するわけにも実はいかないのです。

 

問題は利用する側の態度ということではあるかもしれませんね。

土日休日に急にお金が必要になったら

金融機関があいていない日にお金が急に必要になったときに、キャッシングカードでもあればなんとかなりますが、そうでない場合はとても困ります。

 

そんな場合は、貸金業者で借りるしかありません。

 

貸金業者のカードローンであれば、個人事業主が事業目的に利用することもできます。

 

土日融資可能なところであれば、その日に申し込みをして借りることも可能です。

 

もちろん金利は高いので短期間で返済する必要があります。

page top