ITストラテジスト資格

ITストラテジスト資格とは

ITストラテジストというのは、もともとあったシステムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を1つに統合してできた国家資格です。

 

企業の営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、

 

情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者としての資格を認定する試験です。

 

企業に赴いて、必要とするシステムを作る作業をする能力が求められる高度なスキルを必要とする資格です。

 

つまり相手側がどんなシステムをつくり上げたいのかをうまく聞き取り、それを具体化する企画をつくる、現実化させる能力が求められ

その試験の内容

顧客とのコミニュケーションも十分に行えるだけの能力が求められるため、システムの設計やプログラムなどが作れるただの技術者としての能力だけではだめということになります。

 

事業企画、業務革推進、情報化企画、製品・サービス企画などの部門において、情報技術を活用した基本戦略の策定・提案・推進を遂行するための知識・実践能力が要求されとるあって

 

その試験の内容も多岐にわたっていてとても難易度の高いIT資格試験となっています。

 

ITストラテジスト試験学習用の参考書問題集などはこちら

 

午前の試験の出題範囲は、I が共通知識で多肢選択式(四肢択一)50分で30問を解答して60%
以上の正解で合格レベル、?は専門知識でやはり多肢選択式(四肢択一)で40分で25問を解答でで60%以上の正解が必要になります。

 

午後の試験の出題範囲は、(1)業種ごとの事業特性を反映し情報技術を活用した事業戦略の策定又は支援に関すること、(2)情報システム戦略と全体システム化計画の策定に関すること、(3)個別システム化構想・計画の策定に関すること、(4)情報システム戦略の実行管理と評価に関すること、(5)組
込みシステムの企画、開発計画の策定・推進に関することとされています。

 

午後Iは記述式4問出題で90分で2問解答で60%以上の得点が合格基準、午後2は論述式3問出題でそのうち1問を120分で解答しAランクの評価が合格基準。

 

試験は、年に2回あり、願書受付期間は、春期試験は1月中旬ごろから約1か月間程度、秋試
験は7月中旬ごろから約1か月間程度となっています。

 

受験料は5100円です。

page top