転職と独立の選択肢の判断

独立か転職かの判断

今の会社に不満があって、収入や待遇の面で、現状を変えたいという場合、選択できることは独立か転職です。

 

このどちらも検討したいと思った場合、読んで頂ければ幸いです。

 

どちらもメリットデメリットがあるのはもちろん、人それぞれ選ぶべき道は、違ってきます。

 

その判断を間違えないようにして欲しいからです。

 

失敗した場合のリスク

独立の場合、資金を借り入れてスタートする場合が多いと思いますが、

 

失敗した場合借金が残ることになります。

 

日本では、一度独立して失敗すると、立ち上がれない環境が多いのです。

 

つまり、失敗できないという事になります。

 

独立にはとてもリスクがつきまとうという事を忘れてはなりません。

 

これに対して転職の場合は、失敗したとしても、再び転職する事ができます。

 

そう簡単にはいかない場合ももちろんありますが、

 

転職の場合失敗したとしても、独立ほどのリスクはないわけです。

 

ですから、どれだけ独立に対する覚悟と欲求があるかで選択すべき事になります。

 

ただ単に今の会社や収入、待遇、仕事に不満があるから・・・というだけであるのならば、

 

個人的には転職をおすすめします。

職業によって違う選択

現在の仕事や経験、スキルや資格を生かして、転職または独立するのか、

 

それとも全く新しい分野に挑戦するのか、その違いも重要です。

 

全く未経験でである職種である場合、独立するとなるとかなり苦労します。

 

それでも独立という場合はFC(フランチャイズ)などに加盟して、ノウハウごと取得するという方法もあります。

 

しかし、多くの場合、本部が一番儲かる仕組みになっているので、FCオーナーは、

 

会社員時代より労働時間がなかがったり、1店舗だけでは生活できず、

 

複数店舗を運営しないと、会社員時代より少ない収入しかないなんて事もあります。

 

ですから、何のノウハウもない業種で独立するのはとてもリスクが高いといわざるおえません。

 

では転職の場合どうなのか・・・

 

転職の場合は、相手がある事ですから、その職種について未経験でも、

 

何か生かせる点があるとか、経験が無くても十分入社後にみにつけられるとか、

 

そういう判断の下に雇うわけですから、自分で判断しなくても大丈夫である事になります。

 

もちろんブラックで誰でもいいと言う会社もあるでしょうが、

 

少なくても、独立よりは異業種への転職の方がリスクは低くなるわけです。

独立するにしても転職を考えるべき

これまでのお話だと、以下に独立がリスクが高いかばかりの華派に終始していますが、

 

それでも独立願望が高い方には、独立をおすすめします。

 

ただし、経験を積んでからの独立をおすすめします。

 

例えば営業職であったのに、なんの知識もなく、飲食店を始めたいとか・・・

 

小売業だったのに、製造業を始めたいとか・・・

 

そんな場合は、まずはその業界に転職して経験やノウハウを学んで、独立すべきなのです。

 

よく聞く話では、飲食業や小売業など休日もろくに取れない業種から、

 

休日が安定して取れる他の職種に移りたいなど思っても、

 

業種が異なると、転職が難しいのではないかと考え、何も行動を取れずにいる人もいるようです。

 

独立も転職も、行動しなければ始まりません

 

小鳥で悩んでいても答えは見つからず、そのまま歳を重ねていくだけになってしまいます。

 

他人やその手の専門家に相談することから始めるべきです。

 

参考までに上げておくと、こちらに「小売業から転職しました」という記事があります。

 

特に小売業から転職をする人に役立つ、また読んでみたくなる内容です。

 

今の会社に不満、不安を感じて、仕事を変えたいと思っている全ての方に興味深い記事があるので、

 

読んでみることをおすすめします。

 

page top